電動工具を使いこなそう!

どのような工具を使っているでしょうか?電動工具があると作業も早いですし、仕上がりもキレイになりますよね。電動工具を使いこなすことによって、ジャンルが広がり、ますますDIYが楽しくなってくるんですよね。あると便利な電動工具を知っておくといいですね。一度にそろえるのは大変ですから、最初は基本の工具で、簡単なDIYから挑戦して、少しずつ腕を上げながら電動工具をそろえていくというのもいいかもしれませんね。

板の加工などカンタンに!

スライド卓上丸のこは、直線、角度、傾斜切断など、板の加工がカンタンにできるんですよ。インパクトドライバーは、これ一つで、先端の部品を替えればネジを締めたり穴を開けたりできるんですよね。また、かんなは材木の表面を削るために使うものですが、面取りにも使うことができますよね。そして、のこぎりは細かい切断に使うものですね。スケールは、巻き尺式の定規で、寸法を測るにのに使いますよね。金づちは、くぎを打つのはもちろん、ダボをダボ穴にたたき入れるときにも使用しますね。

あると便利な電動工具!

差し金はL字形の定規で、直角をすぐに測ることができて、直角線や平行線が正確に引けるんですよね。サンダーは、木材のやすりかけに使うものですね。トリマーは、先端の刃を替えれば、溝を掘ったり飾り線を入れたりできるんですよね。ブロアーは送風で木材に付いた細かい木くずを飛ばすものですし、タッカーはホチキスの大型版で、薄い板や金網を付けるときに使うものですね。ジグソーは電動のこぎりで、曲線もカットでき、クランプは、板を挟んで締め付けて固定するときに使うんですよね。

電動工具の買取の価格は、工具のコンディションによって決まります。異音やエア漏れなどがある場合でも、部品取りでの買取りが可能な場合もあります。