薬物療法による治療法

うつ病なのに薬物療法?と疑問に思う人もいますよね。実はうつ病の治療には薬物療法がよく用いられるんですよ。うつ病の薬にはうつ病の原因と言われている、脳内情報伝達のバランスの乱れを整える効果があるので、薬物療法を用いて治療を行う病院も多いです。ただしやはり薬なので副作用もあるので、あまり副作用がきつい場合は一度医師に相談するといいですよ。またうつ病が良くなったからといって途中で服用をやめず、必ず最後まで服用するようにしてくださいね。

考え方を改善していく精神療法

うつ病患者には自分に自信がない、否定的な考えを持った人が多い傾向にあります。否定的な考えを変え、自分自身を認め自信をつけるだけでもうつ病は改善していくんですよ。そこで用いられる治療法が精神療法です。精神療法は患者の人の話をしっかり聞くことから始まり、話し合いを続けることにより、否定的な考えから自分に自信を持つ考えに徐々に変えていくんです。でもこの療法は患者と先生の信頼関係のもと初めて治療が成り立つため、まずは信頼できる先生を見つけることが大切ですね。

休養と栄養をしっかり取る方法

うつ病の患者には実は頑張り屋さんが多いんですよ。その為仕事を休むことや家事を休むことに罪悪感を感じ、なかなか休むことが出来ない人も多いんです。でもいくら病院に通っても肉体的・精神的ストレスを抱えていてはよくなるものもよくなりません。その為まずは一度仕事や家事などをお休みしてしっかり休んでください。そして栄養のある食事をしっかりとり、心身共にいたわってください。もしも家族が気になってゆっくり休むことが出来ないという人は、入院することも一つの手ですので、そういう場合は一度医師に相談してみてくださいね。

うつ病の治療には、休養、薬物療法、精神療法があります。その時の状態にあわせて、これらを組み合わせて治療を勧めます。早期に発見し、早期に治療を開始することが大切です。