マッサージとは何でしょう。

マッサージとは主として手・足を用い、所定の圧力で揉んだり、摩擦したりします。多くは血流やリンパの流れに沿って行います。巷の有料マッサージとしてはいろんなマッサージを挙げることができます。アロママッサージ 、オイルマッサージ、 リンパマッサージ、 フットマッサージ 、タイ古式マッサージ、 アカスリ、按摩、その他いかがわしいエロマッサージまで幅広く存在します。対象の主流はやはり女性が主流ですが、男性でも主張先のホテルや温泉で、按摩を呼んだり、アカスリを行ったりします。目的はやはり心身のリフレッシュです。マッサージ中は無上の極楽ですね。

マッサージの効用について思うこと

マッサージにはいろいろありますが、マッサージの効用の所定の圧力で一時的に血流の流れを飛躍的に増大させ、硬くなった筋肉をときほぐすことだと思います。体の痛みの多くは筋肉が固くなることによる場合が多く、血流の改善は筋肉を解きほぐす効果があります。硬くなった筋肉をそのままにしないことは病気の予防につながり、整形学的に考えても体全体のバランスを維持する上で極めて重要です。基本的には血流に沿って、あるいはリンパの流れに沿ってマッサージは行われます。多くの血流やリンパの流れは関節部分を通過しますので、関節部分はマッサージの重要箇所とさえ言えます。

マッサージをしてもらい気持ちいいと感じるのは何故?

人間の体が健康な方向を指し示すと誰もが「気持ちいい!」と感じるのだと思います。心のリラクゼーションは健康の方向を指さしている言えます。ストレッチ等においても、正しいストレッチを行うと「気持ちいい!」と感じます。私はストレッチ等でもこの方法は正しいのかなと思う判断材料の一つとして「気持ちいい!」という感情を大切にしています。心身一如なのです。また不思議なことに施術者側にもその気持ちは指先や手のひら等を通して感じることができます。最近施術者側にも思わぬ効用があると言われています。セレトニンというホルモンを聞いたことがありますか?幸せホルモンと呼ばれ、人間の精神面のバランスを整えると言われています。このセレトニンの増加が施術者側で確認されます。夫婦2人での交互のマッサージはお互いに気持ちよく、かつ幸せになれるという点でおススメです。特に中年以降はおススメですよ。

赤坂のマッサージは数多く存在していますので、料金や施術の内容をチェックしながら、最適な施設を選べます。