隣人トラブルの元となる生活音

マンションのように集合住宅に住んでいるとしばしば隣人の生活音が伝わってくることがあるでしょう。それが互いに気にならなければ何のトラブルにもなりませんが、その生活音が激しく大きな人もいれば、小さな音でも気になってしまう神経質な人もいます。マンションの防音性があまり高くない場合には特にその影響が顕著になって隣人トラブルを招いてしまうこともときどきあります。そういったトラブルに見舞われないためのマンション選びは大切な観点です。

新しい分譲マンションは優秀

騒音トラブルが大きな問題と発展することがあるということが認識されるようになってからというものの、比較的防音性の高いマンションが建てられるようになってきました。特に生涯住むことが前提とされている分譲マンションについては新しいものであればその配慮が十分になされていて、子供が走り回ってもほとんど下の階に影響がないような構造が実現されています。分譲マンションを購入する限りはそれほど神経質になって防音性を比較しなくても支障がないのが現状なのです。

賃貸マンションの実情と確実な選び方

賃貸マンションについては住み替えがしやすいということから幾分防音性には手抜かりがある場合があります。概して新しいマンションの場合には優秀であるものの、分譲マンションには適わないのが一般的です。より確実に防音性を確保するためには分譲賃貸マンションを狙うようにしましょう。分譲マンションの中に賃貸をしている部屋がある場合があり、その場合には部屋自体は分譲マンションの他の部屋と一緒なので高い防音性を期待することができるのです。

防音工事は、マンションなどの集合住宅において、隣室や上下階の住民に迷惑にならないように断熱材や遮音材で壁や床、天井を区画することで、音漏れを防ぎます。