冷え易いファッションに要注意!

女性の中には露出の多いファッションの方も大勢いますよね。特に若い方の中には冬場でもミニスカートを履いているケースもよくありますが、そのようなファッションは腰痛の原因になってしまう事があるのです!その理由は身体が冷えてしまうからです。冷え性になってしまうと血流が悪くなりますので、それによって腰痛を発生させてしまう事があります。また、夏場でもクーラーが効き過ぎている空間にいると同様に冷えが強くなりますので、身体を冷やさないファッションを意識しましょう!

タイトなファッションにも気を付けましょう!

タイトなパンツと言えばスキニーですよね。近年とても人気がありますが、スキニーパンツにも要注意。スキニーパンツを履いている場合、動き難くなってしまいますよね?つまり関節の動きが制限されている状態という事ですが、関節がスムーズに動かない事によって腰に負担が掛かり易くなってしまうのです!知らない内に腰に疲労が溜まってしまいますので、結果的に腰痛を引き起こす事になります。さらには身体を締め付けてしまいますので血流の悪化も引き起こしてしまう恐れがありますよ!

バッグが腰痛の原因になる事も!

女性のファッションと言えばバッグが欠かせません。そしてバッグには携帯やメイク道具、ヘアブラシなど、様々な物を入れているものですよね。結構な重さになっている訳ですが、そのバッグが腰痛を引き起こす事もありますよ!いつも同じ側でバッグを持っている方もいると思いますが、それによって片側に大きな負担が掛かりますので、身体に歪みが発生してしまい、腰にまで影響を与えてしまうのです!また、身体の歪みはスタイルを崩す原因にもなりますし、血流を悪くする事にも繋がります。バッグを持つ際には意識的に持つ手を変えるなどの工夫をしてみると良いでしょう!

交通事故などでむちうちになってしまった方、ほおっておくと寒い日や雨の日に首が痛くなったり、首の可動域が狭くなったり、首や肩が凝りやすくなる、疲れやすくなるなどの後遺症が出てきます。むちうちの治療は早めに整骨院に行くことです。適切なマッサージ治療や運動療法、理学療法、リハビリを行うことでこれらの症状を防ぐことが十分に可能です。