2015年問題直撃!不足する物流ドライバー

ネットショッピングの発達などにより、より重要性を帯びてきたのが物流とそれに関わる管理ですが、昨今深刻な問題を抱えている状況にあります。需要拡大に対して物流の根底を支えるドライバーの数が圧倒的に不足してきているのです。原因は様々ありますが、主なものは団塊の世代の退職と若年層の運転離れにあるそうです。まさに物流業界は2015年問題という人材不足に直面しており、その不足数は概算で20万人とも言われています。

輸送コストの上昇は仕方ない?

ネットショッピングで物を購入する際の判断要因の一つとして、「送料無料」や「送料減額」といったサービスを重視する人も多いでしょう。しかし、物流における人材管理が上手くいかなかった場合、そのシワ寄せは確実に送料にはね返ってきます。事実、送料の増額を既に行っている運送会社も現れる一方、輸送の管理にまで手が回らずにサービスに関する苦情が増加しているとのこと。早急な対策の必要性が叫ばれており、状況が打開されない以上は、送料値上げは甘受しなければいけないのかもしれません。

物流の観点からネットショッピングを楽しむ

物流コストを抑えつつ質を維持・向上させていくには、やはり物流に関わる人材の確保とその管理・運用体制の変革が必要不可欠です。既に国交省が「トラガール」と称して物流運転手業界への女性の積極的な進出を推進していますし、ダイバーシティによりリタイアした高齢者や外国人を雇用しようという取り組みが進められています。また、物流の仕組みに関わる取り組みも推進されています。ビッグデータやドローンといったタームはニュースなどで聞き及んだこともあるかと思います。今年はこうした取り組みがより形となって現れる年と位置づけられているので、物流に着目してネットショッピングを楽しんでみるもの良いかもしれません。

絵画の時と、輸送の時に使うパレットの違いを話します。絵画を描く際に使われている方は、絵の具を出したり混ぜたりするために用いられる板の事です。素材は、油絵の具の時は木や石のもの、水性絵の具の時は金属のものを用いります。輸送の時に使う方は、荷物を載せるための台のことをいいます。工場や倉庫などでの荷物を運ぶ作業を行いやすくするために用いられ、素材は木材でできたものが多いです。